スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大好きな女医さん♪

2歳頃から患っている喘息…。
子どもの頃は頻繁に大発作が起こり、真夜中に病院へ運ばれる事も数回ありました。
でも大人になるにつれ症状も軽くなり、日頃たまに感じる息苦しさにはメプチンエアーで対処。
それで十分元気で過ごせていました。

でもここ最近、いつもより強い息苦しさが起こり、メプチンエアーでも改善できなくなってしまいました。
そこで主治医の先生の元へ…。
メプチンエアー+フルティフォームという吸入タイプのお薬を出して頂きました。
フルティフォームを使い出してから、とても楽になりました。
だけれど、このお薬に使われているステロイド薬がちょっぴり気になったので
これより副作用が少ないよりナチュラルな内服薬を出して頂いたのですが…
あまり効果を感じる事ができませんでした。
そこでまたフルティフォーム(吸入)に戻して頂く為に、今日病院へ行って来ました。
以前は梅雨時に発作が酷くなっていたのになぜ?…。
DSCF5825a.jpg
先生:『以前よりも大気汚染などの影響もありますしね。
それと喘息にはストレスも関係しているんですよ。
何か思い当たる事ありますか?。』


私:『先生もご存知の息子が12年間通っていた支援学校を卒業して、
4月から社会人になるんです。
あまり先の事を思い悩んでも取越苦労になるので、なるべく考えないようにしているんですけど…。
それでもやっぱり心配しているのかもしれません。』


先生:『そうだったんですね。そうですか~、4月から社会人になられるんですね~。
どうですか?息子さんの様子は。』


私:『最近、主人に"パパも僕と同じ事業所に行きませんか"と言い主人を誘ったりしています(笑)。
やっぱり不安なんだと思います。』


先生:『(ニコッと笑って)可愛いですね~。そうですよね~、息子さんご本人もですが
お母さんのご心配もっともだと思います。』


なんて会話を致しました。
この主治医の先生は女医さんで私と同年代位♪。
確かお子さんもいらっしゃるとお聞きした事があります。
先生も1人の母として私に寄り添った温かい言葉を下さり、とても癒されました♪。
息子のじゅんも2度ほどこの先生にお世話になった事があります。
1度は夏場の熱い時期に体育館で運動していて軽度の熱中症にかかった時。
2度目は学校の先生の『ゆっくり噛んで食べなさい』を忠実に守り過ぎ、激ヤセした時。
一口毎に約30回程噛み、食べ終わるまでに酷い時は1時間30分も掛かってしまう状態に…。
学校での給食も同じく、圧倒的に時間が足りないので残してしまう事も頻発している状態でした。
どちらも障害を抱えたじゅんに分かり易い言葉かけと治療で完治する事が出来ました。
先生にはとても感謝しています


追伸:フルティフォームですが、内服ステロイド薬に比べると、
吸入ステロイド薬は少ない量で局所的に作用させるため大きな副作用は少なく、
長期的な喘息のコントロールに適した薬品なんだそうです♪。
しばらくは処方して頂いたフルティフォームで様子をみてみたいと思います















スポンサーサイト

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。