flower border

Madonna blueに憧れて♪

マイペースブログです♪

スポンサーサイト

Categoryスポンサー広告
  •  closed
  •  closed
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

色んな人物のWikipediaで登場する…井上成美

Category歴史
8月2日のYahoo!のトップニュースに
【命かけ特攻拒否 指揮官の信念・特攻せず 夜襲部隊「芙蓉」】という記事が紹介されまた。

死を覚悟し、
戦闘機で敵艦隊に体当たりする「神風特別攻撃」―。
いわゆる「特攻」。太平洋戦争末期、戦況悪化に伴い、
日本海軍連合艦隊司令部は特攻主体の作戦を決定し、米軍の沖縄上陸に備えた。
その中で、特攻を拒否し、「正攻法」を訴えた航空部隊があった…。

芙容部隊p1
関連ページ
★特攻せず 夜襲部隊「芙蓉」(1) 指揮官の信念
★特攻せず 夜襲部隊「芙蓉」(2) 部下への責任
★特攻せず 夜襲部隊「芙蓉」(3) 寝る間惜しみ連日作業
★特攻せず 夜襲部隊「芙蓉」(4) 死と生のはざま
★特攻せず 夜襲部隊「芙蓉」(5)完 指揮官の遺言

勉強不足でこの事は存じ上げませんでした。
ですから大変興味深く、この記事を読ませて頂きました。
芙容部隊p2
この作戦の指揮官は美濃部正少佐…。
美濃部元少佐のWikipediaを読んでいたら、
このブログでも何度かご紹介した最後の海軍大将【井上成美】もチラリ…と登場していたので驚きました。

1945年8月15日終戦。美濃部をはじめ芙蓉部隊は終戦に納得しなかったが、
艦隊司令部で美濃部は井上成美大将になだめられ、部下を説得するように言われた。
美濃部は基地に帰ると隊員に部隊は陛下のものであると説得し、
「詔勅が出た以上、私に部隊の指揮を取る資格はない。
納得できなければ私を斬ってから出撃せよ」と言っておさめた…。


というエピソードが記載されていました。
"部隊は陛下のものであると説得し"の部分は恐らく、井上の言葉…想いだったんだと思われます。
世界情勢&アメリカの国力を理解し、軍人でありながら、最初から最後まで、あの戦争に対して反対していた井上。
また、海軍兵学校の校長として、可愛い生徒達を無謀な戦闘で失いたくなかったようです。
軍人としてだけではなく"ジェントルマン"として国の役に立てる人になって欲しい…。
そういう気持ちで教育にあたって来た井上だからこその説得だったんだと思います。


その他、東郷平八郎のWikipediaにもチラリと井上が登場しています。

井上成美は「東郷さんが平時に口出しすると、いつもよくないことが起きた」と述懐したうえで、
「人間を神様にしてはいけません。神様は批判できませんからね」と語っている…。


日露戦争の際、トーゴーターンと呼ばれるT字戦法で、敵のバルチック艦隊を撃破し、
軍神に祭り上げられた東郷に対しての複雑な想いを井上は吐露したようです。
このエピソードを始め、『なるほど…』と思わせる事の多い人物…井上成美。
また彼に関する本を読み返してみたい気持ちになりました。
井上成美a


関連記事:
★思い出の縛帯♪そして井上成美…
★届いた本を読み始め…♪








スポンサーサイト

- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。