スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

苦悩…

ここ最近、三日置きくらいに父が入所している施設から電話があっていました。
内容の全てが父が起こす困った言動の事……。
連絡を頂く度に謝罪し、認知症の父のかかりつけの病院(脳神経外科)へ連れて行って欲しい…という事で、短い間に何度も病院へ…。
神経を鎮めるお薬の力を借りて何とか穏やかに過ごして欲しいとの私の願いも
父が同じ施設の入居者の方の頭を叩いたとの知らせで吹っ飛んでしまいました。
『このままではうちの施設には置けない』
『病院に処置入院するか、次の新しい施設を探すか』
との施設の方の言葉にショックを受けました。
父が起こした事に対しての申し訳なさと、これからどうなってしまうのかという不安で、
夜も眠れませんでしたし、ポロポロと涙が流れ出てきて、どうしようもありませんでした。

結局その後、病院(脳神経外科)での診察の際に施設長も同席して頂き、
話し合いをした結果、電話して来られた職員さんの私的見解を私に電話してこられたとの事になりました。
つまり施設長さんともうお1人…電話を掛けて来られた方とは違う別の職員さんに言わせると、父の病状は施設を出てもらう程は酷くない…との事でした。
日頃はとても穏やかに過ごしていると、逆に強く引き留められました。
一体何なのだろう……。
一部始終聞いてらした病院(脳神経外科)のドクターは
『施設を出てもらう可能性があるなどとそういう重大な言葉は、まず施設内の職員全員で話し合い、最終的な結論を出した後に、ご家族に知らせるべき。
一職員だけの判断で軽々しく口にすべきではない。』

と仰いました。

疲れが顔に出ていたのでしょうかドクターは
『娘さん。そんなに1人で抱え込まないでいいんですよ。
担当医の僕もお父さんへの責任を担うし、入所している施設職員も僕同様、お父さんへの責任を担う。
みんなで責任を分担するんです。
だから1人でそんなに思いつめないでいいんですよ。』

と私に温かい言葉を掛けて下さいました。
その言葉を聞き、安堵感で泣き崩れそうになりました。

今回の一連の出来事が堪えた私は、少しの間でもいいから
姉(独身)に私の役目を代わって欲しいと思うようになりました。
少しの間、休息が欲しかったんです。
父の事以外にも私には私の家庭があるし、
何よりも障害を抱えた息子のじゅんの事もある…。
その旨を母に伝えると、『そんなの頼まなくてもいい。私が全てやればいいんだから。』と予想通りの答えが返って来ました。
以前も記事に書きましたが、姉と私は母が違う異母姉妹なんです…。
簡単に言ってしまうと母と姉とのは嫁&姑みたいな間柄なんです。
父をめぐって争うみたいな……。
母は母で亡くなった前妻さんの面影がある姉に対して女心が揺れ動くし、姉は姉で『お父さんを取られたくない』という反発心があるしで、いつも2人の板挟みになるのが末っ子の私でした。
母と姉、どちらの気持ちも分かります。
分かりますが、複雑な家族構成で本当に疲れてしまいます…。

なんて…とりとめない事をつらつらと書いてしまいました。
あれから施設からの電話は減りました。
今の所は様子をみようと思います。

nitizyou1.gif



スポンサーサイト

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。