スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

懐かしいドキュメント番組♪

1984年に放送されたTV番組
【ニュードキュメンタリードラマ“昭和”
    松本清張事件にせまる】
……。

週一放送されていたこの番組ですが
毎週欠かさず見てました。
父がこの番組を気に入っていたんです。
『東京ローズは誰か』・『帝銀事件と731部隊』
『戒厳令下ル 二・二六事件』・『三億円事件の犯人は?』などなど
昭和期の重要事件を扱った番組で、この番組を見てから
私の歴史好きに拍車がかかった気がします

動画サイトに1話分だけUPしてありました。
あの『三島由紀夫自決事件』の回です。
動画を再生し、流れて来たオープニング映像とBGMに
思わず『懐かしいぃ~!』と呟いた私。
再現ドラマなどをドキドキしながら見ていた思い出がよみがえりました

この【松本清張事件にせまる】の中で私が一番印象深かったのが
二・二六事件の回です。
なぜこの事件は起こったのか…。
なぜこの様な結末を迎えたのか…。
番組を見た後も謎に包まれた二・二六事件の事に興味を惹かれ
数冊関連本も読みました。
そんな中…どうしても読んでみたいと思った
松本清張著【二・二六事件 研究資料】
本屋さんには置いて無かったので、注文し取り寄せて頂きました。
そこの本屋さんは、母も良く利用していた顔見知りの本屋さんだったんです。
ある日母がその本屋さんから『お嬢さんはお勉強がお出来になるんでしょう』
と言われたそうで『どうしてですか?』と聞き返したら
『あんな難しい本を取り寄せて読まれるんだから凄いなと思ってました』と言われたと
クスクス笑いながら母が教えてくれましたっけ(笑)。
はい♪お勉強の方はぜ~んぜんダメでした(と胸を張る私!)。

今ではNHKや民放、BS&CSなどでたくさんの
ドキュメンタリー番組が作られ放送されていますが、
あの当時は数少ない貴重な番組だったと思います



スポンサーサイト

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。