スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋する宇宙♪

この惑星(ほし)は誰かを想うことで回りだす……
恋する宇宙

久しぶりにまたこの【恋する宇宙】という映画を見ました♪。
時々フッ…と見たくなる映画なんですよね~。

恋する宇宙(原題:ADAM)は純粋なラブストーリー
2009年アメリカで製作・公開された映画で、
日本では未公開ですがレンタルショップにDVDがあります
という事で私もレンタルして楽しみました
ストーリーを簡単にご紹介しますね♪。

この映画の主人公のアダム(男性)は発達障害の1つである
アスペルガー症候群で人づきあいが苦手な天体オタク。
彼はアパートの上の階に越してきた童話作家のベスと恋に落ちる。
恋人同士になった二人だったが、空気の読めないアダムはどこに行っても天体の話ばかり。
そんな自己中心的なアダムとの付き合いを彼女の両親は反対するが、
ベスは彼と離れようとはしなかった。
そんな中、憧れていた天文台の仕事がカリフォルニアで決まるアダム。
この街を出ていくことに心細さを感じていた彼は「一緒に来て欲しい」とベスに頼むが、
彼女はある想いを胸に秘めていた……。


アスペルガーは息子のじゅんが抱えている障害「自閉症」の一種です。
難しい説明抜きで簡単に言ってしまうと、知的障害を伴わない自閉症です。
知的に遅れは無いけれど、"自閉症"には違いないですから、
人の気持ちを察する事が出来なかったり、
思った事をそのまま口にしてしまったりと
人とのコミュニケーションがとても難しい部分があります。
※詳しい事はコチラ↓
【アスペルガー症候群を知っていますか?】

私が見た感想はとても穏やかなラブストーリーに仕上げてあるなぁという事♪。
アスペルガーを知っているだけに『あ~、ここでこうしちゃうんだ』とか
『あらら~、言ってはいけない事を言ってしまったのね』と苦笑しちゃう場面もちらほら
それとベスの事が好きなのは間違いないんだけれど、
ベスが抱えている苦しみ悲しみを理解し寄り添う事が
出来ないアダムの姿に胸が痛みました。
何といいますか…大好きな相手を目の前にしていながら、
相手を見つめず自分の興奮や喜びのみを見つめてしまっているような…。
やはり相手の気持ちを汲んであげる事が出来ないというか苦手というか…。
まぁ…そういう部分がアダムが抱えているハンディなんですけれどね…。
それでもアダムを何とか理解して、愛を深めようと努力するベスと
どんな時でもマイペースなアダム…
さてさて2人の恋の行方はどうなってしまうんでしょうか…という感じの映画です

皆さまもピュアだけど切ないラブストーリーご覧になってみませんか~
ツタヤでレンタル出来ま~す

★映画予告編



スポンサーサイト

Comments - 2

軽四

No title

無知な私ですが、一つだけ

数年前、スカパーの洋画でこんなのがありました
米CIAが最先端の暗号を作り、そのテストとして
クロスワードの雑誌に懸賞問題として密かにしのび
こませました。
誰も全く解読できないことにCIAは満足してましたが
ある日少年から電話がかかり見事正解を言い当て
ました。そこからドラマが展開していきます。
その少年は自閉症の治療を受けていました。

その映画の最後に米政府系研究所が、実際にその
未知の「才能」の研究を続けている事実のクレジットで
締めくくっていました。

アメリカではとてつもない才能・可能性の存在を認識
しているのではないでしょうか

無知な私が的外れなことをいってはなりませんが、
私は全ての人に得意なこと・才能があると信じてます
ただ、それを見出したり引き延ばすことができる
人との出会いがごくわずかだということが
残念なことだと思ってます
かくいう私にも全くそのような才能が無いのですが

色んな事が時間はかかるかもしれませんが
解明されていくことを願ってやみません

2011-11-09 (Wed) 22:56 | EDIT | REPLY |   

じゅんママ

ありがとう♪

軽四さ~ん♪コメントありがとう

> 無知な私ですが、一つだけ
> 数年前、スカパーの洋画でこんなのがありました
> 米CIAが最先端の暗号を作り、そのテストとして
> クロスワードの雑誌に懸賞問題として密かにしのび
> こませました。
> 誰も全く解読できないことにCIAは満足してましたが
> ある日少年から電話がかかり見事正解を言い当て
> ました。そこからドラマが展開していきます。
> その少年は自閉症の治療を受けていました。
> その映画の最後に米政府系研究所が、実際にその
> 未知の「才能」の研究を続けている事実のクレジットで
> 締めくくっていました。

そういう映画があったんですね!。
いや~、全く存じ上げませんでした。
ちょっと興味が湧きました♪私もその映画見てみたいなv-265

> アメリカではとてつもない才能・可能性の存在を認識
> しているのではないでしょうか

そうですね~。アメリカもですが自閉症の療育は
イギリスも進んでいますよ。
※療育とは…
発達にハンディがある子供達が、
将来色んな形で社会的自立が出来るようになる事を目指して、
身の回りのこと、人とコミュニケーションをとる方法を身につけたり、
社会を理解しルールにのっとった行動が出来るようにする訓練の事です。


> 無知な私が的外れなことをいってはなりませんが、
> 私は全ての人に得意なこと・才能があると信じてます
> ただ、それを見出したり引き延ばすことができる
> 人との出会いがごくわずかだということが
> 残念なことだと思ってます

軽四さんの仰る通りですv-352
才能を見い出すのは親だけではなくて、その子に身近に接する
学校の先生であったり、療育の先生であったりするんですよね。
だからこそ、学校の先生&療育の先生方に自閉症の子を理解し
一緒に育んで行って頂くためにも、まずはその先生方を
私達が育てて行かなくてはならないと思っています。
関連記事を下記にご紹介しておきます♪。
お時間が許す時にでもご覧下さい。
★若い力に期待♪
http://junchanfamily.blog94.fc2.com/blog-entry-270.html
★多くの事を教えてくれた本♪
http://junchanfamily.blog94.fc2.com/blog-entry-271.html

> 色んな事が時間はかかるかもしれませんが
> 解明されていくことを願ってやみません

温かいお言葉…本当にありがとうございますv-318
何だか希望が湧いてきました♪v-22

2011-11-10 (Thu) 01:38 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。