スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャーロック・ホームズの挿絵♪

19世紀から20世紀にかけて発表された
推理小説【シャーロック・ホームズ】
出会いは小学生の頃…アメリカの作家の子供向け推理本を
好んで読んでいた私に、同級生のN君が
『○○。推理もの好きなのか。だったら
まずはシャーロック・ホームズを読まないと…』
と助言してくれたのがきっかけです。
N君は以前記事にもしましたが、私にラブレターをくれた男の子
とってもお勉強が優秀でクラスでトップだったんじゃないかなぁ…。
"将来は弁護士になる"という夢を持っていて、
小学生なのにいつも六法全書を持ち歩くような子でした。
ムフフ…懐かしい…
N君…夢は叶ったのかしら~

そんなN君がすすめてくれて読み出したシャーロック・ホームズ
不思議な事件もホームズの手にかかれば、
理路整然と事実を積み重ねて行き真実というか
答えにたどり着いてしまう爽快さにドンドン夢中になって行きました。
例えば靴底についている泥でロンドンのどの地方から来たと分かる…。
その人の身につけているものや愛用しているもの…帽子やパイプ
そして懐中時計などからその人物像を割り出してしまう…。
『凄い!本物の探偵だ~』と感激したものです
架空の探偵なんだけれど、読み進んで行くと
あたかも実在しているのではないか?と
思わせる力がホームズにはあると思います。

そんなホームズの魅力に貢献しているのが、ホームズ本の挿絵です
挿絵って物語のイメージを膨らませてくれますよね
ホームズの挿絵で有名なのはヴィクトリア時代の
イギリスのイラストレーター、シドニー・パジェット。
彼の挿絵から登場人物の容姿や事件現場の雰囲気などが
伝わって来てドキドキ感が倍増しました
『ホームズの挿絵だけ集められた本って無いのかなぁ?』
漠然と思っていましたら、あったんですね~これが。
その名も【シャーロック・ホームズ原画大全集】。
はい♪入手しちゃいました~
世界各国で出版されているホームズ本の挿絵が載せてあり、
様々なイラストレーターの方々が描かれたホームズを見る事が出来ます。
DSC03639n.jpg


でもやっぱり…私的にはシドニー・パジェットの絵がNo.1ですね~
いくつかご紹介しておきますね~

事件現場に向かうホームズとワトスン。
汽車の車内で事件について語り合う…。
Sidney Edward Paget-a


音楽好きなホームズ。
コンサートで音楽に聴き入り御満悦…。
Sidney Edward Paget-c


ホームズの化学実験を見守るワトスン。
一見、非日常的な様子ですが、
当時最先端の化学実験は紳士方の趣味だったそうですよ~。
Sidney Edward Paget-f




スポンサーサイト

Comments - 2

みどり☆そら

No title

N君、何だか凄~い!
小学生で六法全書・・・
将来は絶対大物間違いないですね
はい、挿絵って凄く重要ですよね
私が好きな星新一さんの小説も
ほんのちょっとした挿絵で
イメージが大きく膨らみますしね。

2011-09-25 (Sun) 21:15 | EDIT | REPLY |   

じゅんママ

ありがとう♪

そらさ~ん♪コメントありがとう

> N君、何だか凄~い!
> 小学生で六法全書・・・
> 将来は絶対大物間違いないですね

凄いでしょ~♪。
優等生ではあったけれど、ツンツンした所はなくて
優しい男の子でしたよv-392

> はい、挿絵って凄く重要ですよね
> 私が好きな星新一さんの小説も
> ほんのちょっとした挿絵で
> イメージが大きく膨らみますしね。

そうそう!そらさんはSF小説がお好きでしたよね~e-343
ホームズの原作者【コナン・ドイル】もホームズ本以外に
SFものも執筆してますよ~v-410

2011-09-26 (Mon) 03:21 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。