母♪

私の実家は鹿児島県出水市にあります。
私の母は鹿児島生まれで鹿児島育ち…
こてこての"薩摩おごじょ"です。

私が帰省すると夜中の3時頃までおしゃべりな母につかまってしまい
寝不足になっちゃいます(笑)。

自宅のある熊本とは隣県ではありますが、なかなか頻繁には
帰省出来ないので、電話を掛けて近況を聞いたりしています
電話も長くなっちゃう母(笑)。
いつも聞き役に徹してる私…(笑)。
でもまぁ…私が話を聞く事で、少しでもストレス解消に
繋がっているのであればそれはそれで良いんですけどね

そんな母ですが、私の夫で、母にとって娘婿であるじゅんパパを
とても大切にしてくれるのが何より有り難いなぁと感謝しています
先日も帰省し、色んな用事をこなして自宅の熊本に帰る時、
『パパ、本当にありがとう。色々とやってもらったから疲れたでしょうけど
これに懲りずにまた遊びに来てね』
と言ってくれましたし、
私との電話を切る前も必ず
『パパの健康管理、ちゃんとしないとダメよ』
『あまりパパに甘えてはダメよ』
『パパには私達女性には無い"男のプライド"があるんだから、
そこは大切にしてあげないとダメよ』
とこんな言葉を掛けられます(笑)。
『はい♪はい♪分かってます』と答える私(笑)。

さすがは薩摩おごじょ!!年代的にまだまだ男尊女卑が根強く残っていた頃に生きて来た人だからだと思いますが、殿方を陰で支えるのが女性の務め…という精神が強いんですね~。

そんな母からじゅんパパとの結婚が決まった後、
『本当はお母さん、せいこには鹿児島の男性と結婚して欲しかったんだけどなぁ…』と打ち明けられた事が(笑)。
『え~っ!そうだったの?全然知らなかったもの。どうしてもっと早く言ってくれなかったの?』と聞くと
『これはお母さんの勝手な願いだから…。せいこの結婚はせいこ自身の事だしね。』と言っていた母ですが……。
最近週一来て頂いているヘルパーさん達から旦那さんとの事を色々聞くみたいで、
『やっぱり鹿児島の男性と結婚すると何かと大変みたい。亭主関白で苦労するみたいね』だって(笑)。
『あら~~~そうなの~?。お母さんの望み通り、鹿児島の男性と結婚していたら
私、大変な目に合う所だった。危なかった~』
と私がわざと言うと、母は大笑いしていました
まったくもう…以前望んでいた事と今言ってる事がまるっきり違~う!!
面白い母です




スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply